日々おもむくままに

SNSに疲れたので、ブログ始めました。

GERRY RAFFERTY&STEALERS WHEEL

GERRY RAFFERTYはその昔「霧のベーカーストリート」が大ヒットして、

とてもいい曲だなと、ずっと頭に残ってました。

 

記憶にあったのは「ベーカーストリート」と、

2ndシングルの「Right Down The Line」

が、時は80'sまじかで遠のいてしまっていました。

 

年取ってきて、ふと思いだして聴いてみると

「ベーカーストリート」はホントにいい曲。

イギリスっぽいっていうか、

イギリス人の憂鬱さが伝わってくるというか、

イギリスのじめっとした雰囲気が伝わってくるというか。

イギリスを感じてしまう!

 

というわけでSpotifyでアルバムをDL、

Stealers Wheelなどもチェック、

スコットランドのポールマッカートニーとの異名もうなずける。

 

メチャクチャ気に入り、音源がデジタルだけだと寂しいので、

本当は日本盤の解説付きが欲しいのだけど、

地味に人気があるらしく、それとも廃盤?

手に入らないので、検索した結果

輸入盤の企画ものを発見!

DLしてない曲もあり、ちょうどいい。

 

f:id:negitoronegiko:20211104172212j:plain

何よりもこのジャケ、彼らのジャケでおなじみの、

John Patrick Byrneさんの作品らしい。

夜空にフクロウが飛んでるなんて、

これもイギリスらしくて、涙

 

何度聞いてもいい曲。↑

サックスはもちろん、後半のギター、カッコイイっス。

 

ナイトオウルなんて、2ndはもちろん、↑

このアルバムにピッタリ。

Stealers Wheel時代もぐっとくる曲が満載。

「Benediction」には、やられました♬

ヘビロテ中~♪